男性見聞録

大和撫子とは対極にいる独身こじらせアラサーやまとなでし子の徒然クソ日記。合コン、婚活、過去出会った世にも不思議な男性達、日常についての備忘録。

Tinderで婚活しているつもりの人々に告ぐ

あいのりでお馴染みのクロさんがTinderで出会い結婚したことをブログで明かし、話題になっていますね。

 

婚活の手段のメインとなりつつある出会い系アプリ。

 

かくいう私もPairsで出会い、結婚をしました。

 

 

ただ、私はここで一つ警鐘を鳴らしたく今回ブログを書きました。

 

クロさんも結婚したならTinderって安心!

じゃあ私もTinderで婚活を始めよう!!

 

と安直な発想で始めないで欲しいのです。

合わせてすでにTinderで婚活をしている方々に言いたいのです。

 

なぜなら

 

 

Tinderは婚活に非ず!

 

 

 

 

 

まずTinderをご存じない方のために説明を。

 

Tinderとは】

 

位置情報サービスを使用して、出会いを提供するマッチングサイト。

米国のMatch Groupが運営する。近くにいるユーザーの写真がタイムライン上に表示され、タップして相手の名前や年齢など簡単なプロフィールを確認した上で、写真を右にスワイプすると「LIKE(気に入った)」、左にスワイプすると「NOPE(気に入ってない)」となる。自分と相手が相互に「LIKE」するとメッセージが交換できるようになる。2012年に米国でサービスが始まり、15年頃から日本でも普及し始めた。

(引用:Tinder(てぃんだー)とは - コトバンク

 

 

ではなぜTinderが婚活に向いていないのか。

 

言わずもがな、Tinder=ヤリモクの巣窟だからです。

 

まずYahoo!でTinderを検索してみましょう。

 

f:id:yamatonadeshi5:20180830230749j:image

 

サジェスト欄の3番目に「やれる」という単語、次に「バレる」が上がっています。 

 

では他の有名出会い系アプリPairsやwithはどうでしょう。

 

f:id:yamatonadeshi5:20180830230759j:image

f:id:yamatonadeshi5:20180830233043j:image

 

こちらには婚活女性が尻込みしてしまう単語はありません。

(要注意人物は気になりつつ笑)

 

 

このようにTinderはやれるアプリかつ、バレてはまずい立場の人が情報を集めるために数多く検索をしていることがわかります。

  

次にTinderと他出会い系アプリとの大きな違いとして、プロフィール欄の項目があります。

 

例えばPairs。

 

名前、年齢、身長、体型、血液型、現住地、出身地、職業、学歴、年収、タバコ、兄弟姉妹の有無、宗教、結婚への意向、結婚歴、子供の有無、子供が欲しいか、結婚後の家事育児の分担、出会うまでの希望、初回デート費用、性格、社交性、お酒の有無、趣味、自己紹介等々・・。

 

このように一瞬お経かと空目するくらいの項目の羅列・・。

このお経で昇天してしまいそうなほど記入項目があります。ぽくちーん。

 

対してTinderはというと、

 

名前、年齢、職業、職業、距離、自己紹介

 

この5項目のみ。

 

非常に簡単です。そして項目がこんなにも少ないのに自己紹介が記載されていないこともしばしば。

そのため項目が埋まっていないことに違和感を感じず、それが許される状況になっています。

 

 

Pairs、withといった婚活、恋活系アプリはこの項目が埋まっていないと、よほどのイケメンでない限り女性側の選択肢から省かれていきマッチしづらくなります。そのためきちんとプロフィール項目が埋まっているのが前提であり、そういう方がほとんどです。

 

我々利用する側としても、それらは自分と価値感が合うかの判断材料になり、逆にプロフが寂しく適当な人は本気度が低いと判断することができるため、プロフィールの充実度や内容は相手の内面や熱意を測る重要な指標となります。

 

 

つまり気軽に出会い目的を達成したい男性が簡単に始められる上、情報が余りにもが少なくこちらも相手の目的を判断しかねるのがTinderなのです。

 

 

私は手間を踏ませれば踏ませるほど少しでもヤリモクを篩にかけることができると思っています。

 

自分に合う人と真面目に出会いたいと考える本気度の高い人は手間を惜しみませんし、簡単に出会いたい、出会えればいいという目的の人は楽な方に流れていくと考えるからです。

 

あまりにも手軽に始められるTinderはヤリモクの絶対数が自ずと増えることとなるのです。

 

 

逆に男性利用者目線で見た場合も、相手の詳細なプロフィール情報を必要としない方が多く利用するわけですから、内面まで重視したいという真面目な男性の母数は他アプリに比べ少なくなります。

 

 

Tinderの仕様も顔写真をみて左右にスワイプするという感覚的なマッチングアプリのため、プロフィール欄までスクロールはせずそもそも顔しか見ていない人も多いようです。

 

 

またTinderではたった1回のログインで120回いいねができるため、取り合えず全員顔を見ず右スワイプ(Like)し、誰でもいいからマッチすればOKという戦法を使う男性も多いとか・・。

 

 

利用料についても男性は

 

Pairs 3,480円/月〜

with 3,400円/月(一ヶ月プラン)

(女性は共に無料)

 

がかかる中、

 

Tinderはなんと無料。

 

気軽にアプリを試して遊んでみたい男性にとって、内容的にも金銭的にもこの上なくハードルが低いことがおわかりいただけましたでしょうか。 

 

すでにTinderで婚活をしている方々やクロさんに影響を受けてTinderで婚活を始めようとしている方に私は言いたい。

 

そんなアプリで真面目な人を探し当てることは簡単でしょうか?

もちろんTinderでもちゃんと真面目に出会いを求めている人もいると思いますし、クロさんのように出会えている方もいます。

他の婚活、恋活アプリも既婚者や彼女持ち、ヤリモクは0ではありませんし、遭遇することもあります。

 

 

ただ、Tinderはヤリモクの割合が他アプリに比べて多すぎる!! 

 

 

あなたがそういう人々をきちんと見極められる!という方ならいいと思います。

でも100%見極められる人はいません。

 

 

ラニアがたくさんいることがわかっている川でわざわざ泳ぎますか?

標的が少ないとわかりきっている場所で狩りをしますか?

 

泳ぐなら危険が少ない場所を選ぶし、狩りをするなら標的が多い場所を選びますよね?

 

 

婚活も同じ。

活動するならヤリモク達が少しでも少ない場所で活動したくありませんか?

 

限られた時間を無駄にしないために、真面目に出会いを求めている人が多い婚活アプリで活動して可能性を広げましょう。

 

また厳しいことを言うようですが、もしあなたが他の婚活アプリでは出会えず、Tinderでしか出会うことができないからやむなく活動しているのだとしたら、それは婚活として貴方自身になにか課題があるかもしれません。

 

またはそもそもアプリという戦場が向いていない場合もあります。その場合は婚活パーティー等違う場に足を踏み入れてみてもいいかもしれません。

 

もう一度自分の活動を振り返り、自身を磨きながらよりよい結婚活動をしていきましょう。