男性見聞録

大和撫子とは対極にいる独身こじらせアラサーやまとなでし子の徒然クソ日記。合コン、婚活、過去出会った世にも不思議な男性達、日常についての備忘録。

お見合いって何するの?-よいこのための結婚相談所講座【後編】

いよいよお見合い編です。

私が見学した結婚相談所

 

  • 楽天オーネット
  • パートナーエージェント
  • IBJ パートナーズ

 

についてのお話後編です。


◆前編はこちらから

 

◆合わせてこちらもどうぞ。

yamatonadeshi5.hatenablog.jp

 

 

 

 

◆お見合いについて

さていよいよ相談所のメインイベントとなるお見合いについてです。

お見合いといえばそう、鹿威しの鳴り響く純和風な割烹の一室で振袖を着ながら父母同伴。

「では後は若い者で」などと促され、恥じらいながら男女二人きりで庭園を散歩…

 

f:id:yamatonadeshi5:20181019024350p:image

 

とはなりません。

 

結婚相談所のお見合いは実にシンプル。

綺麗目な私服で二人きりで1時間ほどお茶をします。

主に街中のカフェやホテルのラウンジで行いますが、これも相談所によってそれぞれです。

 

 

オーネットは婚活アプリのように、マッチング後にメッセージを重ねて面談日も会う場所も自由に自分達で決める。

 

 

パートナーエージェントは面談日が決まったら、待ち合わせの駅だけを女性側の希望で指定し、お店は近辺で事前に男性がとっておくか、その場の流れで近くのカフェに入る。

 

 

IBJであれば面談日が決まると、IBJの仲人がホテルのラウンジを予約してくれるので、お互いが約束の日時にラウンジにいくのみ。

 

 

一般的にはお茶代は男性持ち。IBJは必ずホテルのラウンジを利用することとなるので、ここでも他の相談所より男性はややコストがかかることとなります。

また、相談所によってはお見合いが決まったら別途セッティング料が発生するところもあります。

(ここで挙げている相談所はなし)

 

話す内容はなんでもOK!

私が経験したお見合いでは主にお互いの仕事のことや日頃の生活の過ごし方、趣味の話等一般的な会話でした。

 

お見合いでは、合コンのように親しみやすさを出し少しずつ砕けながら女性感を出して話すと言うよりは、女の部分は出しすぎず落ち着いた雰囲気で丁寧なお話をする方が好まれるように感じました。

 

◆お見合い後の流れ
 

お見合い後は再度会いたいか否かを相談所へ連絡し、お互いが同じ気持ちとなれば仮交際という期間に進み何度かデートを重ねることとなります。

 

 

仮交際は何人でも並行してOKですが、仮交際期間が決まっているのでその期間中に交際を継続するか否かを判断する必要があります。

ちなみに仮交際期間中は性的な交渉は不可とされている相談所が殆どですので、清らかなお付き合いの上1人に絞っていくこととなります。

 

 

そして二人の意思が固まれば本交際へと進み、その人と成婚退会をするかを見極めるというのが一般的な流れです。

 

 

仮交際、本交際が相談所独特のワードなため混乱する方もいらっしゃるかもしれませんが

 

 

お見合い→仮交際(複数人と並行してデートし1人に絞る期間)→本交際(一人とお付き合いし結婚するかを見極める期間)→成婚退会

 

 

という流れになります。

本交際についても期間が決まっており、それまでに結論を出す必要があり、本交際をしたものの、成婚退会に至らず破局した場合はまたお見合いからやり直す事となります。

 

 

◆成婚が決まったら

そして二人の気持ちが固まり、晴れて成婚退会することになったら

 

世話になったな!!!あばよ!!!

 

f:id:yamatonadeshi5:20181005171517p:image

 

とはすんなりいきません。

成婚料を払って退会となります。

いわゆる相談所が成果を出したことへの対価ですね。

この金額もそれぞれ。

 

楽天オーネット  0円

パートナーエージェント 50,000円

IBJメンバーズ 200,000円

 

男女双方がそれぞれ支払います。

IBJ、男女合計40万。なかなかだぜ…。

 

まさに大金もあばよ!!

お金には変えられない人生の転機を掴んだと思えば安いものでしょうか。

 

ステキなお相手と

 

f:id:yamatonadeshi5:20181005171527p:image

 

と私の中の柳沢慎吾が囁いているので一旦良しとしましょう。

 

 

 

◆見学の結果
 

結論、私はパートナーエージェントに入会しました。

 

 

その理由として

 

①データマッチング方式や婚活アプリのように自分で探す場合、どうしても条件のみで検索するため選ぶ相手の傾向に偏りがでるので、第三者から見て自分に合う人を探して貰えるサービスに魅力を感じたこと。

 

②特に人の目とEQテストデータの2つの目線から合う相手を分析し紹介して頂けるのが、従来の感覚的な紹介とは違いバランス良く理に適っている。

 

③成婚退会者の割合は相談所以外の場所で相手を見つけて退会している方も含めて公表している相談所もある中で、パートナーエージェントは相談所同士での成婚退会のみを成婚数として公表していることに誠実さを感じ、なおかつ成婚率が高く実績も伴っていたこと。

 

相談所の中ではリーズナブル。高い成婚実績を出しているからこそ成婚料も他社より低く設定されているということ。(高級路線で売っているため高額なところもあるが、運営上の仕組みとして考えると成婚の母数が少ないとその分成婚料も単価を上げなくてはならない。相談所内での成婚退会数が多ければ、低価格でも利益が十分発生する。)

 

⑤成婚退会をしても結婚に至らず別れてしまう場合もあるが、退会後一年以内なら再度入会金を払うことなく無料で戻ることが出来る上、成婚料も戻ってくる制度があること。

(相談所外での成婚退会の場合はいくらか費用負担あり)

 

 

特に①③⑤の項目が決定打となりました。

 

客観的な目で紹介して貰えることで、自分だけでは見つけることが出来なかった幸せの形を掴める可能性を感じたからです。

自分目線でのみ活動していた婚活に大きな変化を与えられるのは相談所だから出来ること。

自発的に探すのは婚活アプリで行い、色々な出会いの形をもたらすことでバランスよく活動できると考えました。

 

 

他社では相談所以外でお相手を見つけて退会した場合も成婚率に含めている場合もあり、純粋な相談所のみでの成婚率がわからない会社もある中、開示されている情報の透明性が高く、かつ実績を出していると言う事は相談所に求める1番大切なものを備えていると判断しました。

 

 

また決して安くはないお金を払って入会し、めでたく成婚退会してもうまく行かなかった場合、入会金諸共全てを捨てる形になってしまうので、入会金を払わずに相談所に戻る事ができるこの制度は利用者目線で素晴らしく安心して入会する後押しとなりました。

 

そして28歳以下の方はU28バリューという通常の約半額で入会できるサービスがあり、さらにリーズナブルに入会ができます。

 

 

◆それぞれの性格や価値観に合った相談所を
 

皆それぞれ譲れない価値観や性格、考え方があると思います。

 

 

人に指図されずに自分で積極的にガンガン動いていきたい方や、自分が気に入った人じゃないと絶対に恋愛ができないタイプの方であればデータマッチング方式がいいと思いますし、私のように自発的に動くのは婚活アプリでと割り切って第三者の目で紹介をして貰い、出会いの幅を広げたい人や、どんな人が自分に合うのかわからないので人に委ねたいという人は仲人仲介方式がいいと思います。

 

 

また、オーネットは自社会員数がダントツに多い、IBJは公務員の方は割引があるので官公庁の方が多かったり(IBJの方談)、他の相談所との集合体なのでネットワークが広くグループでの会員数は日本最大級等、相談所にも色んなカラーがあります。

 

相談所によってお勤めの企業との提携やベネフィットステーションが福利厚生で利用できる企業等で割引があったりもしますよ。

 

 

最近では仲人仲介とデータマッチングの両方が利用できるのゼクシィ縁結びカウンターも人気が出てきて、成婚料0円、費用も圧倒的にリーズナブルなので若い方の利用者が増えているようですね。

 

(今だったら私はゼクシィがかなりよさそうなので見学に行きたい…。値段が圧倒的にリーズナブルなので婚活始めたばかりのライト層も多そう。)

 

はじめての婚活、結婚相談所ならゼクシィ縁結びカウンター

 

 

それぞれの性格や希望によって合う相談所も様々なので、少しでも興味があれば資料請求だけして色々比べて見てみるだけでも面白いですよ。

 

私も最初は軽い気持ちで資料請求しまくったことで興味が湧き、見学に行ってみたのですが相談所のお話はもちろんのこといろいろな婚活の裏話なども聞けてとても面白かったので、それだけでもかなり婚活の刺激になりました。

 

(余談ですが仲人のおばさまも色んな人の人生を見ているだけあって、どこもキャラが濃くて面白かったw)

 

以上とても長くなりましたが、私の経験が少しでも婚活中の皆様のお力になれば嬉しいです。